美人に対する男性心理|仲良くなりたい一方で劣等感を感じる


美人を見たときの男性心理を知りたい人向けです。

美人が近くにいるときの男性の態度は、人によってさまざま。

喜んで近づいていくタイプから、緊張してなかなか距離を縮めないタイプまでいます。

男性は美人を見ると、脳内にドーパミンと呼ばれる快楽物質があふれて、幸福な気持ちに満たされます。

そのため、美人に近づこうとしない人は、すっぱいぶとうの心理が働いていたり、劣等感を感じている可能性が高いです。

また、かなりのイケメンであっても、己のプライドの高さから美人に近づかない人もいます。

そこで本記事では、美人を見たときの男性心理から、気になるイケメンの好意を引き寄せる方法まで解説します。


美人に対する男性心理|仲良くなりたい一方で劣等感を感じる

別世界の人と感じてしまい劣等感を感じる

自分に自信がないタイプの男性は、美人を見ることで、さらに己に対する自信が消えていきます。

なぜなら、美人が放つ輝いたオーラは、内気な男性が持つ世界観と全く異なるため、近づくことさえできなくなるためです。

目の前にいる美人は、目を開けられていないほど光が強いため、反対側の暗い内面世界に逃げていくのです。

かなりのイケメンであっても、内向的なタイプや自分に自信がない男性は、美人に対して劣等感を感じることに。

美人を見て幸せになる人がいる一方で、劣等感に支配されてしまい、逃げるように遠ざかっていく人もいるのです。

【こんな記事も読まれています】▽

⇒【美人の人生がつらい理由とは|美人は人生で2度殺される

すっぱいぶどうの心理が働く

1人の美人を手に入れることができるのは、1人の男性だけです。

そのため、美人の背後には、多数の男性が敗れ去って沈んだ姿あります。

美人に相手にされない男性の中には、最初から美人に対して悪口を言うなどして、自尊心が傷つかないように振る舞う人もいます。

イソップ童話のキツネのように、頭上のジャンプしても届かないぶどうに対して、『どうせすっぱいぶどうだ』と納得するのと同じ行為といえます。

美人を見た男性の脳内には快楽物質があふれる

美人を見たすべての男性は、幸福な気持ちに満たされます。

なぜなら、顔の造形が整った美人を見ると、ドーパミンと呼ばれる幸福ホルモンが分泌されるためです。

そのため、美人はその場に存在するだけで、男性に幸せを与えることができる存在といえます。

美人を見た男性の中には、まるで興味ないような仕草をする人もいます。

しかし内心では、考えていることが真逆で、好き避けしているのです。

気になるイケメンの好意を引き寄せる方法

美人過ぎる人見た人は、かなりのイケメンであっても緊張してしまい、プライドの高さから近づいていこうとしません。

なぜなら、イケメンはフラれることに慣れておらず、女性から近づいてくることが多いため、攻めの恋愛を経験していないためです。

そのため、心理が分かりにくいイケメンに対しては、最大限好意をアピールして、近づいてくる心理的ハードルを下げる必要があります。

以下から、気になるイケメンの好意を引き寄せる方法をお伝えしていきます。

周りにバレるくらい好意をアピールする

モテる男性でも、女性の好意に鈍感な人は意外と多いです。

なぜならモテるイケメン男性は、女性から近づいてくることがほとんどであるためです。

周りにバレるくらいの雰囲気を出すことで、初めて好意に気づく鈍感なタイプもいます。

好きだけどうまくアピールできない女性は、鈍感なイケメンからすると、興味を持たれていないように勘違いされる可能性が高いです。

【こんな記事も読まれています】▽

⇒美人に鈍感な人が意外と多い3つの理由とは【実は繊細なパターン】

ライバルが表れる前にイケメンを狙う

コミュニティ内のイケメンの好意を獲得するためには、自分より美人がいないポジションをとることが大事です。

顔の造形はあくまでも相対評価であるため、自分より美人がいたら、顔面偏差値がそのままワンランク下がることになります。

競争が高いところほど、好意を勝ち取った時の達成感は大きくなりますが、イケメンから2、3番目の女性として扱われるリスクも高まります。

気になるイケメンがいたら、先手先手で好意をアピールして、ライバルとの競争になる前に、好きな気持ちに気づいてもらうのが大事です。

【こんな記事も読まれています】▽