美人にしか分からない悩み|美人特有の目立つが故の苦労とは


こんにちは!

美人ラボ編集長のカンナです!

 

  • 『美人だけど、顔が良いが故の苦労を感じている』
  • 『自慢と思われるため、誰にも相談できない』
  • 『美人特有の悩みを解決するにはどうすればいいの?』
  • 『美人ゆえの悩みについて、誰かと共有したい!』

 

美人には、美人だけしか分からない苦悩と悩みがあります。

ですが、リアルでは口が裂けても話せませんし、自慢話として受け止められてしまいます。

 

そこで本記事では、美人ゆえの苦労を抱える皆様に対して、悩みを共有していきたいと思います。

また、悩みを共有したあとは、それで終わるのではなくて、美人が美人らしく生きる方法までお伝えしていきます。

 

この記事を読むことで、『美人あるある!』と共感できると同時に、悩める現状をガラリと変える考え方までわかりますよ。


美人にしか分からない悩み|美人特有の目立つが故の苦労とは

美人が持つ人間関係の悩みは、男性間でも女性間でもあります。

男性との悩みは、興味がない人からも好意を寄せられて、うまくスルーしていく気苦労があります。

ですが、女性間の悩みのほうが、より深刻に感じる人が多いのではないでしょうか。

以下から、美人が男性だけでなく女性からも受ける理不尽な振る舞いについて、お伝えしていきます。

内面を過大評価される

美人を見た人の多くは、外見の印象に引きずられて、内面まで課題評価しがちです。

なぜなら、整った顔のパーツを見ると、遺伝子レベルで優秀な人であると判断するためです。

そのため、相手が過大評価し過ぎていると感じると、本当の自分を表に出しにくい特徴があります。

周囲が持つ印象とのギャップに苦しみがちで、孤独に悩むことになります。

視線をストレスに感じる

生まれつきの美人は、幼い頃から周囲からたくさんの視線を集めます。

外交的で目立ちがりやのタイプであれば、注目を浴びることを苦にしません。

ですが、内向的な性格の美人だと、知らない人からの視線を集めることが苦痛になります。

中には、視線を浴びることにストレスを感じてしまい、大勢の集まりに参加するのが苦手になるのです。

冷たいと思われやすい

顔が整った美人を見た人の中には、冷たい印象を持つ人が一定数います。

なぜなら、黄金比に近いレベルで整っていると、無機質な印象を与え、冷たく感じる人がいるためです。

特に、クール系の美人は、無表情でいるとなおさら冷たいと思われやすくなります。

素のままで過ごしていても、内面を誤解されやすい悩みを抱えるといえます。

自然体でも意地悪されやすい

女性が人生の中で一番に望むのは、誰もがうらやむ美貌を持つことです。

一般の女性の多くは、高い理想を持ちながら、鏡の前の現実のギャップに苦しんでいます。

ですが、美人は最初からすでに美貌を手に入れてしまっています。

そのため、美人を見るたびに自分の存在が否定されているような錯覚におちいります。

自然体で振る舞っていても、嫉妬にかられいじめを行う性格ブスに、日々の生活でストレスを抱えていきます。

一言一句に注意する必要がある

美人は、何か発言するときに、注意深くなる必要があります。

なぜなら、美人の美貌に嫉妬する女性は、あなたの小さな失言をおおげさに取り扱うチャンスを狙っているためです。

また、少し自慢話などをしてしまったら、性格ブスの感情を逆撫でることにつながってしまいます。

本物の美人は、出会ってまもない女性との間柄では、とても発言に注意する必要があるのです。

コンプレックスを持っていても自慢扱いされる

美人は、恋愛の悩みを相談しても、友人からは『次もすぐ見つかるじゃん』と、軽く扱われます。

中には、不幸自慢のように捉えるひともおり、本音で悩みを相談できる人を見つけにくいです。

美人には美人のコンプレックスがあるのですが、真剣に取り扱ってもらうのが難しくて、共感してもらえない辛さがあります。

無口でいると気取っていると思われる

クール系の美人は、何も喋らないでいると、気取っていると思われやすいです。

一般的な容姿の女性は、押し黙っていると無愛想と思われるのとは真逆ですね。

人は顔のパーツの配置の微妙な差によって、まったく異なる印象を持ちます。

なので、美人として生まれた人は、ふとした瞬間にも表情筋を緩めることが許されないといえます。

自意識過剰になりすぎてしまう

昔から美人だった人は、大勢の集まりに参加すると、周囲からの視線を集めます。

周囲から見られるのが当たり前の感覚になっていくのです。

その結果、実は注目を浴びていない場面でも、周りを意識してしまいがちになるのです。

外出先では、自意識過剰になり過ぎてしまい、余計なストレスを抱えがちになります。

悪目立ちしてしまう

美人は、外見が整っている分だけ、内面も素晴らしいと勘違いされがちです。

そのため、小さな失敗をしてしまうだけで、悪目立ちしてしまいます。

その結果、新しいことに挑戦する機会が減り、自信がなくなってしまう美人もいます。

美人に対する評価は、基本的には減点方式で、良い面を見せても加点になりにくく、減点されやすい特徴があります。

 

美人が美人らしく生きる方法は?

美人として生まれたあなたは、目立つが故の苦労を感じたとしても、容姿を変えたいとは思わないはずです。

どうやって、美人のままで余計な苦労を抱えずに生きていくことができるのでしょうか。

結論を言うと、『開き直る』ことと『相手にしない』ことが重要な点になります。

美人キャラとして開き直る

自分が美人であることに対して、余計な卑下をすることなく、素のままで振る舞うこともアリです。

あなたの人生はあなたのものであるため、他人の嫉妬や妬み、嫉み、僻みに付き合う必要がありません。

美人として生きる人生を楽しむ姿勢を持ちましょう。

最初は、意地悪されることもあるかもしれませんが、自然な姿で振る舞えている人には、魅力的に見えます。

悪意を放つ人物を相手にしない

美人であるがゆえに、悪目立ちすることもあり、嫌がらせをされることもあるでしょう。

ですが、『相手にしない』姿勢が最も大事になります。

嫌がらせに反応してしまうことは、『相手と同じ土俵で戦う』ことになるので、あなた自身を陥れることにつながります。

腹が立つ相手をスルーするのは、とても難しいことです。

ですが、見ている人は見ていますし、長期的には、悪口を言ったほうが信用を落としていくことになります。

美人であるが故の悩みを共有したい~このメディアを作った理由

美人ゆえの悩みを抱えている人は、どのように対処すればよいのでしょうか。

先に結論を言うと、『同じ美人に属する女性』とだけ、悩みを共有していくべきです。

 

美人の悩みは、普通レベルの容姿の人にとっては、ただの自慢にしか聞こえません。

本気で悩んでいても、立場が違えばまったく違った考えを持つためです。

 

また、リアルな現実で美人と一緒になっても、『美人がゆえの苦労』については、なかなか話しにくいかもしれません。

そのため、私は『美人による美人のためのメディア』を立ち上げることにしたのです。

 

このメディアでは、リアルでは伝えづらい『美人であるがゆえの悩み』を扱っていきます。