イケメンに一人が好きな人が多い4つの理由とは【自由に行動したい】

  • 2019年7月1日
  • 2021年2月27日
  • 恋愛
  • 6039View

イケメンに一人で過ごすのが好きな人が多い理由を知りたい人向けです。

顔が整っている男性でも、皆と一緒に過ごしたい人から自分の時間を大切にしたい人までいます。

特に、群れないで一匹狼として生きるイケメンは、ミステリアスな魅力にあふれ異性を問わず注目を集めます。

彼らが一匹狼として生きる理由はどこにあるのでしょうか。

結論から先に言うと、対等な人間関係を作りにくかったり、目立つがゆえに視線のストレスを感じやすいことがあります。

それに加えて、たとえイケメンでも生まれつき群れるのが苦手で、内向的なタイプの人もいることを忘れてはいけません。

本記事では、イケメンだけど一人が好きな人が多い4つの理由について、それぞれくわしく解説していきます。


イケメンに一人が好きな人が多い4つの理由とは【自由に行動したい】

対等な人間関係を作りにくい

ガチのイケメンは、赤の他人と対等な関係を築きにくい宿命を抱えています。

なぜなら、多くの人は整った顔面を見ると、劣等感を感じたりして複雑な感情を持つためです。

特にモテることに人一倍気を使っている男性は、イケメンと仲良くなることがめったにありません。

仲良くなりたいと思う男性も存在しますが、尊敬したり憧れの眼差しで見ていて、下から見上げる視線がほとんどであるといえます。

イケメンは、普通に過ごしていても対等に接してくれる人がなかなか表れないため、孤独な生き方を選び一人が好きになりやすいのです。

イケメンだけど友達がいない人の特徴とは【一匹狼で群れない】

視線のストレスを感じやすい

視線恐怖症になってしまうイケメンは、意外と多いです。

なぜなら、目立ちたくない瞬間でも他人から見られることが多いため、気が抜けず自意識過剰になりすぎてしまいます。

彼らは人と一緒に過ごすと、視線について深く意識せざるをえなくなるため、皆とワイワイすることが苦手です。

その結果、内向的な性格の持ち主になりやすく、一人で過ごすのが好きになってしまう人が多い実態があります。

【こんな記事も読まれています】

イケメンだけど視線恐怖症になってしまう人の心理とは

群れるのが苦手

顔の造形とは関係がなく、生まれつきの性格で群れるのが苦手なイケメンも一定数います。

対等な人間関係を築くことができたり、他人の視線をストレスに感じない人でも、元々の性格で一人で過ごすことが好きな人です。

日本人は狼タイプより、羊として飼い慣らされる生き方を好む人が多いため、かなり貴重で少数派な存在といえます。

彼らはどれだけ顔でチヤホヤされても、孤独な生き方を好むため、人から変わった人と扱われてしまうこともあります。

嫉妬による争いに巻き込まれたくない

イケメンは多くの人の好意を引き寄せると同時に、一部の悪意ある人間のネガティブな感情を集めることになります。

なぜなら、人間には表と裏がありまして、誰からも好かれる存在になることが難しいためです。

多くの人とつながりを持とうとすると、それだけ悪意を持つ人と接触する可能性を引き上げることになります。

特にイケメンの場合ですと、その場に存在するだけで他人の顔面コンプレックスを刺激することに。

そのためほとんどのイケメンは、強烈な悪意を感じた経験をもっており、人を刺激する危険性を熟知しています。

その結果、大勢の人とともに過ごすよりも、一人が好きな人が意外とたくさんいるのです。

イケメンが同性の嫉妬をサラリとかわす3つの方法【マウント争いを避ける】

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、イケメンに一人が好きな人が多い4つの理由をそれぞれくわしく解説しました。

対等な人間関係を築きにくかったり、視線のストレスを避けるために、あえて孤独な生き方を貫く人が多いことがわかりました。

加えて、一部の人からの悪意を受けやすいため、あらかじめ大勢の人と距離を置くようになる心理も働いてることも。

本物のガチイケメンは、普通の人では考えつかないような悩みを持っていて、同類の友達が少ないことから、孤独な悩みを抱えているといえます。

第三者の目線に立ってみると、きらびやかに輝いて見えるイケメンも、心の奥底では、イケメンにしか分からない深い悩みを抱えていることもあるのです。

【こんな記事も読まれています】

【受け身過ぎる】イケメンなのに奥手で消極的な人の意外な心理・特徴とは

イケメンだけが味わう苦しみとは|人生のさまざまなハードルが上がる

イケメンに1人で過ごすのが好きな人が多い3つの理由とは

イケメンだけど陰キャラの人が持つ意外な3つの悩みとは

【ミステリアス】イケメンぼっちの心理とは【意外と多い】