イケメンと美人は損。美男美女だけが悩む3つのコトとは!?


イケメンと美人の人生には、得すること以上に、意外と損が多い理由を知りたい人向けです。

外見が整っている美男美女の人生は、他人の立場から見ると輝いていて、悩みがほとんどなさそうに見えます。

とはいえ、彼らにしか分からない苦しみがあり、人によっては普通の人より人生で損をしているケースがあります。

損する場面としては、外見のイメージから中身も優れていることを期待されたり、赤の他人の視線にストレスを感じやすいことがあります。

加えて、恋人と対等な人間関係を築きにくく、恋愛に深く悩むひともいます。

本記事では、美男美女だけが孤独に悩んでいる「目立つが故の損」について、それぞれ詳しく解説していきます。

【こんな記事も読まれています】▽

美人だけの悩みとは|本物の美人だけが抱える苦労【実は損しやすい】


イケメンと美人は損。本人だけが孤独に悩む3つのコト

外見のイメージで中身を誤解される

美男美女を見た人のほとんどは、彼らに頭が良くて運動神経も良いことを期待します。

なぜなら黄金比に近い顔の造形は、非日常を感じてしまうため、皆それぞれの理想像を押し付けてしまうためです。

美男美女にとっては、よく知らない人から勝手に大きな期待をされることが大きなストレスになります。

とはいえ、人が持つ期待に沿わないとがっかりされてしまうため、自身の感情を押し殺して振る舞うようになります。

その結果、美男美女の多くは、人生を振り返ってみると「本当に自分がやりたいことをやってこなかった」と後悔する人が多いのです。

注目を集めてしまうため他人の視線がストレスに

イケメンと美人には、視線恐怖症の人がかなり多いです。

なぜなら、老若男女を問わず赤の他人からジロジロ見られ続けるのは、強いストレスになるためです。

外交的で目立つことが大好きな人であれば、イケメン・美人としての人生を楽しむことができます。

しかし、内向的だったり仲がよい人とだけ一緒に過ごしたい人にとっては、他人の視線が単なるストレスにしか感じません。

その結果、日常生活で普通の人が感じないストレスを溜めることになり、人知れず損を積み上げてしまうのです。

恋人と対等な関係になりにくい

イケメンと美人は、恋人と対等に向き合えない宿命を抱えやすいです。

なぜなら、彼らと付き合う人は、下から思いっきり見上げる視線と態度を持つことがほとんどで、そもそも対等な立場になろうと思わないためです。

彼らと付き合っていること自体に価値を感じる人とは、愛情を持って心を通わせることができません。

そのため、イケメンと美人は、恋人がいても孤独な心を抱えやすいといえます。

モテている人の中にも、どこか虚無感を感じていて、冷めきった心をもっている人もいるのです。

イケメン・美人で損をしない人の特徴とは

イケメンと美人が人生で損することを減らすためには、他人の視線を意識しすぎないことです。

整った顔面を持っていると、多くの人から注目を集めてしまいますが、顔の造形を全く意識しない人がいることも思い出す必要があります。

そのため、人の視線を意識して自意識過剰になりすぎるのは、あまり意味がないことといえます。

誰かを意識するということは、同時に誰かを意識しないことでもあるためです。

他人の気持ちは常に揺れ動いていくものであるため、他人の期待に応えようとし過ぎてしまうのは、個を押し殺してしまうことにつながります。

人生を充実させている人に共通するのは、個を貫く姿勢を持っており、人の意見を尊重しつつ自分の考えを通す強さを持っていることです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

イケメンと美人が人生で損しやすい理由から、彼らが自意識過剰になりすぎずに個を貫く重要性まで解説しました。

外見のイメージにとらわれて中身を誤解されたり、不特定多数の人から視線を浴び続けるのは、美男美女の宿命でもあります。

加えて、恋人と対等な関係を築きにくいことも明らかになりました。

【こんな記事も読まれています】▽

イケメンの目立つが故の苦労とは【誰にも相談できない悩み】

イケメンに自信がない人が意外と多い3つの理由とは

【どうして?】イケメンなのに天然な人の性格と特徴とは

イケメンだけの苦労とは|小さな欠点が大きなマイナスに