イケメンだけど無口な人の3つの心理とは【ミステリアスなオーラ】

  • 2019年5月26日
  • 2020年9月12日
  • 恋愛
  • 1416View

イケメンだけど無口な男性の心理を知りたい人向けです。

顔がかっこいいのに、一部の人とだけ交友関係を築き、普段の口数が少ない人がいます。

ミステリアスな雰囲気を持ち、話しかけづらそうな態度をしていいることもありますが、非常に内面が気になる存在です。

彼らの心理としては、いくつかの要因が複雑に絡み合っているといえます。

無口になるのには、ギャップを作るためにわざとクールキャラを演じていることがあります。

また、生まれつき内向的なタイプで、顔の要素と関係なく無口な人も存在します。

さらに、過去の人間関係のトラウマから、人間不信気味になり他者に心をあまり開かないケースもあるのです。

本記事では、イケメンだけど無口な男性にフォーカスして、彼らの深層心理をくわしく分析していきます。

イケメンだけど地味な人の特徴3つ|好きな女性のタイプは!?


イケメンだけど無口な人の3つの心理とは【ミステリアスなオーラ】

ギャップを作るためにクールキャラを演じている

誰しもがある程度キャラを作って生活しています。

イケメンの中には、わざとクールキャラを演じているタイプが存在します。

なぜなら、顔がかっこいいことと、クールな振る舞いが掛け合わされると、魅力的になるためです。

もちろん面白いイケメンの方が需要が大きいですが、しゃべらない男性が好きな人も大勢いるのも事実です。

自分のしゃべりに才能がないと気づいたイケメンは、無口なキャラを選ぶことで、戦略的にミステリアス路線でモテようとしているのです。

生まれつき内向的なタイプ

生まれつき内向的な男性は、一定数存在します。

このタイプがイケメンとして生まれても、元々の性格を変えることができないので、無口で内向的に振る舞うようになります。

1人で時間を過ごすことに価値を感じていても、外見のイメージに引き寄せられて、他人が次々と近づいてきます。

そのため、人間関係にわずらわしさを感じており、社会生活でストレスを感じやすくなるのです。

人との接触を避けるために、さらにぶっきらぼうに振る舞う人もいて、かなり冷たい雰囲気の持ち主と錯覚されることもあります。

イケメンの中には、生まれつき内向的で対人関係を避けるために、意図的に無口になる人もいます。

イケメンだけど内向的な人の4つの心理とは【揚げ足を取られやすい】

人間不信気味

イケメンは、大勢の人から好かれると同時に、一部の人から嫌がらせを受けることが非常に多いです。

生まれつき顔が整っている人の多くは、いじめられた経験があります。

出過ぎた杭は打たれてしまう世の中です。

顔が整っているのは、多くの人がうらやむ事象であり、一部の人が直接嫉妬が絡んだ精神的な攻撃を与えます。

どこのコミュニティに行っても、必ず一人は悪意を投げる人が存在するため、人間不信気味になってしまいます。

人間関係を築かなければ、精神的な攻撃を受けることも少なくなるため、無口になり新しい人脈作りを避けるようになるのです。

視線恐怖症や対人恐怖症になる人も

人間不信をこじらせてしまった人の中には、他人の視線が怖くなる視線恐怖症や対人恐怖症気味になることもあります。

常に注目を浴び続け、他人からの高い期待に応え続けるプレッシャーがかかります。

何かに失敗してしまうと、イケメンであるがゆえに目立ってしまうことから、恰好のゴシップネタとなります。

人間の負の心理的側面を見る機会が多くなり、メンタルが病んでしまう人が続出するのです。

イケメンだけど視線恐怖症になってしまう人の心理とは

まとめ

  • 無口なキャラを演じると、ミステリアスな雰囲気を出せる。会話にそこまで自信がないと気づいたイケメンは、クールキャラを演じることで、モテを獲得しようとする。
  • 生まれ持った性格が内向的なパターン。外見のイメージに引き寄せられて大勢の人が寄ってきますが、ストレスの源となるため、さらに無口になっていく。
  • イケメンは一つの才能でして、出過ぎた杭になるパターンがある。どこに行っても悪意を持つ一部の人間に苦しみ、いじめられた経験などから人間不信気味になってしまう。

イケメンだけど孤独な人の特徴とは【ミステリアスな雰囲気】

イケメンだけが味わう苦しみとは|人生のさまざまなハードルが上がる

イケメンだけどモテない男性の特徴とは