イケメンが怖い女性の4つの心理とは。どう対処すべき?【目力強過ぎ】

  • 2019年5月8日
  • 2019年10月2日
  • 恋愛
  • 739View

イケメンを見ると、恐怖を感じてしまう人向けです。

本物のイケメンは、同じ人間とは思えないくらい輝いています。

通常であれば、近づいて仲良くなりたいと感じるところですが、反対に『怖い』と感じる人もいます。

本記事の内容

  • イケメンが怖い人の心理
  • シンプルな2つの対処法

イケメンが怖い人の心理とは?

自分の容姿がバカにされていると感じる

整った顔を持つ人と話している時に、目線を合わせることで怖いと感じる人がいます。

なぜなら、顔面偏差値が高いと自身の容姿コンプレックスが刺激され、馬鹿にされていると感じるためです。

生まれつきのイケメンは、たくさんの人から好意をもらっているため性格がゆがんでいません。

そのため、顔を見つめられても馬鹿にされてると感じるのは、被害妄想といえます。

怖いと感じる心理の裏には、容姿を馬鹿にされていないか自意識過剰になってしまうことがあります。

中途半端な人が容姿を馬鹿にする

残念なことに、世の中には人の容姿を平気に馬鹿にする人がいます。

そのほとんどは、中途半端なイケメンでして、雰囲気だけ取り繕っているタイプです。

彼らのエネルギーは、強い容姿コンプに基づいた負の感情によるものが大きいです。

同族嫌悪に近い感情から、年齢を重ねても容姿差別を繰り返しているのです。

隣に並びたくない

怖いと感じてしまい、イケメンの隣に並びたくないと感じる人もいます。

なぜなら本物のイケメンは、パーツが黄金比に近く比較対象とされることを嫌うためです。

女性は化粧をしていることに負い目を感じたおり、すっぴんだと彼らに負ける人がほとんどです。

化粧しないで人にかっこいいと思わせる人は、相当なレベルで顔面偏差値が高い男性といえます。

隣に並ぶことで自信のめっきがはがれてしまうことを恐れるあまり、怖いといった感情がわき立つことになるのです。

目力があるから

とうもろこしを食べる男性

イケメンは目力がとても強く、圧倒的なオーラを感じます。

なぜなら、自己肯定感が高く色々なことに挑戦してきたゆえの確かな自信があるためです。

強烈な個を持つ人は、たくさんの人から一度に見られる機会でも物怖じしません。

そして、目が合ったら思いっきり視線を合わせてくる人が多いです。

日本人は、比較的目を合わせない人が多いです。

しかい本物のイケメンは、ラテン系の国と同じように目と目を合わせることを平気でやってのけています。

無口で何を考えているかわからない

イケメンだけど周囲と一緒に騒がないで、1人の時間を大切にする人がいます。

ミステリアスな雰囲気を持っている人ですが、怖いと感じる人もいるのです。

なぜなら、裏側の側面を知りたいといった欲求よりも、『無口で何を考えているのかわからない』といった感情が先に表れるためです。

あまりにしゃべらないと、サイコパス的な性格の持ち主であることを疑ってもしまいます。

クールなイケメンを怖いと感じる人の心理には、何を考えているか分からないといった心理が働いているといえるのです。

シンプルな対処法

同じ人間であることを思い出す

時と場合によっては、密着して過ごすことがでてきますね。

イケメンが怖いと感じる時には、どうふるまえば良いのでしょうか。

1つには、どれだけ顔面が整っていようが同じ人間であることを思い出すことことです。

顔を見ると一瞬で恐怖を感じても、しょせん顔の皮膚が少しだけ整った位置にあるだけです。

赤ちゃんとして生まれ、やがて年老いていく同じ人間であることを思い出す必要があります。

一度仲良くなる

恐怖の正体は、実態をよく知っていないことが一番の原因となります。

そのため、あまり親密でないのであれば、距離を縮めて内面を知る努力をすればよいです。

彼らのほとんどは、多くの人の好意を受けて育っているため、フレンドリーな性格をしています。

少しでもプライベートが分かれば、恐怖心が一気に消えていくものです。

怖いといって避けていくのではなく、逆に近づくことで怖いと感じる心理を解消していくことができます。

イケメンが怖い人の心理まとめ

  • 容姿コンプレックスが刺激され、馬鹿にされていると被害妄想が出てくる
  • 化粧をしないイケメンは、美人よりもはるかに顔面が整っている。隣に並ぶことで、女性の化粧によるアドバンテージが浮き彫りになる。
  • 自己肯定感と本物の自信があり、目力が強い目線が合っても外そうとしないため、対面で話すことに恐怖感を感じる
  • クールでミステリアスな雰囲気を持っていると、何を考えているのか分からないと感じてしまう