イケメンだけど内向的な人の4つの心理とは【揚げ足を取られやすい】

  • 2019年10月2日
  • 2021年2月27日
  • 恋愛
  • 3455View

イケメンだけどあまり喋らなかったり、目立ちにくいポジションをとる人の性格を知りたい人向けです。

顔が整っているのは、人間関係を構築する上で、重要な武器となり色々なシーンで有利に立ちやすくなります。

とはいえ、せっかく与えられた武器をフルに活用しないで、内向的に振る舞う人がいます。

彼らの心理としては、次の3つの点が主に考えられます。

  • 失敗すると目立つ
  • 揚げ足を取られやすい
  • 同性の嫉妬が混じった攻撃を受ける

彼らは、大勢の人から気に入られやすいとはいえ、弱音を見せると一部の人から激しく叩かれる現実があるのです。

そこで本記事では、まれに存在する『イケメンだけど内向的な人』の心理について、くわしくご紹介していきます。


イケメンだけど内向的な人の心理とは

失敗するとかなり目立つ

イケメンの失敗は、恰好のゴシックネタとなります。

なぜなら、内面がそれほど優れていなくても、有利なポジションを獲得し続けることができるためです。

整った顔をして生まれるのは、一種の才能といえますが、理不尽だと感じる人もいます。

彼らについて不公平感を感じている人は、叩ける弱みが見つかった瞬間に、一斉に叩いていきます。

内向的なイケメンの心理としては、失敗するとかなり目立ってしまうため、挑戦を避け続けることが要因にあります。

【こんな記事も読まれています】▽

⇒イケメンだけが味わう苦しみとは|人生のさまざまなハードルが上がる

揚げ足を取られやすい

イケメンは、ささいなことで指摘を受けて、揚げ足を取られやすい宿命を抱えているといえます。

なぜなら、外見が完璧であると、内面についてケチをつけたくなる心理が働くためです。

人は身近な存在に、全てが完璧な人の存在を認めることができません。

他人に対して、欠点を要求する生き物なのです。

そのため彼らは、新しい挑戦をして少し目立ってしまうと、必ず叩いてくる人の存在によって内向的な性格になりやすくなります。

同性の嫉妬が混じった攻撃を避ける

本当にカッコいい男性は、誰にも嫉妬されません。

とはいえ、その条件はスタイルや顔のつくりが完璧であることです。

身近にいるイケメンは、あらを探していけば、分かりやすい欠点が必ず存在します。

そのため、彼らは顔の欠点を指摘されることが人より多いのです。

容姿にコンプレックスを持つ人から、嫉妬が混じった攻撃を受けやすくなるといえます。

その結果、同性の理不尽な目線を避けるために、内向的な性格をもつようになる人が多いのです。

元々の性格が内向的

イケメンとは関係がなく、生まれつきの性格で内向的であるだけのパターンです。

人の性格は、生まれ持ってのものや家庭環境が大きく影響していることを忘れていはいけません。

また、極めて平均的な社交性の人でも、イケメンであるがゆえに周りから持ち上げられ過ぎて、メンタルに問題を抱えやすくなります。

彼らの中には、過大評価されるのを防ぐために、人との積極的な交流をさける人がいるのです。

内向的なイケメンの心理まとめ

  • 顔が良いことで性格もよく見えてしまうアドバンテージに、理不尽を感じて精神的な攻撃をしてくる人の視線を避けている
  • 整った顔を見ると、ケチをつけたくなる人から逃げている
  • 顔の欠点を指摘されることが多く、嫉妬が混じった攻撃を避けたい心理が働いている

【こんな記事も読まれています】▽

⇒イケメンだけど人見知りの人の心理とは【目立つが故の苦労】

イケメンだけが味わう苦しみとは|人生のさまざまなハードルが上がる

イケメンが同性の嫉妬をサラリとかわす3つの方法【マウント争いを避ける】

イケメンに自信がない人が意外と多い3つの理由とは

イケメンが同性の嫉妬をサラリとかわす3つの方法【マウント争いを避ける】