イケメンに1人で過ごすのが好きな人が多い3つの理由とは

  • 2019年5月26日
  • 2020年9月12日
  • 恋愛
  • 2468View

イケメンだけど一人行動が好きな人の深層心理を知りたい人向けです。

顔がかっこいい男性でも、さまざまな性格の持ち主が存在します。

時間の過ごし方では、大勢の人と一緒に遊ぶのが好きなタイプから、孤独になりやすく1人で過ごす人まで存在します。

意外と多いのは、人と群れないで自分の時間を大切にしてぼっちで過ごすタイプの男性です。

彼らの心理としては、面と向かってイケメンと言われるのが面倒に感じていたり、内面を誤解されやすいことがあります。

また、顔面が整っていることの優越感から、性格が悪いと思いつつも相手を見下してしまう深層心理を抱えるパターンも存在するのです。

本記事では、ミステリアスと言われることが多く、孤独に時間を過ごすことを気にしないイケメンの深層心理をくわしく解説していきます。

影のあるイケメンが抱える3つの闇とは【一匹オオカミ】


イケメンに1人で過ごすのが好きな人が多い3つの理由とは

イケメンと言われるのがめんどくさい

イケメンが他人と距離を置く理由の一つには、顔面を褒められたときに、気を使って対応するのがめんどくさいことがあります。

幼いころから何回も褒められ続けているため、自分が好意がある人以外から言われても、あまり感情が動かないのです。

他人が自分の顔を褒めるのには慣れているため、それとなく対応ができます。

しかし、返す言葉を間違えると相手のコンプレックスを刺激することになり、余計なリスクを抱えることになります。

それゆえに、初対面の人と接する機会を可能なかぎり減らし、孤独に過ごす時間が増えていきます。

承認欲求が満たされているイケメンは、初対面の人から顔を褒められた時に、まともな返答をするのがめんどくさいと感じているのです。

イケメンだけど内向的な人の4つの心理とは【揚げ足を取られやすい】

内面を誤解される

彼らは、外見のイメージに引きずられて、内面を誤解されることに苦しんでいます。

黄金比に近い顔のパーツの持ち主は、能力も高いことを期待されるため、ハードルを高めに設定されやすくなります。

しかし、他人の求める期待に応え続けないと、大きくがっかりされることが増えて、自信が喪失していきます。

内面を打ち明けた瞬間に、人が去っていく経験を何度もしています。

そのため、人と打ち解けるまでにかなり時間がかかり、人間関係の幅が狭まっていきます。

ぼっちなイケメンは、他人が持つイメージと実際の能力にギャップがあることが知られるのを恐れているのです。

イケメンだけど人見知りの人の心理とは【目立つが故の苦労】

優越感から相手を見下してしまう

顔が整っている人は、常に顔面偏差値の高さゆえの優越感を感じています。

誰も本当のことを言えませんが、美人も同様の心理を抱いています。

優位性を感じていることを他人に伝えると、容姿にコンプレックスを持つ人から、徹底的に攻撃されてしまうためです。

自己主張しない人でも、ささいな態度を曲解されると、叩かれることになります。

一度でも見当違いな批判を浴びた経験がある彼らは、容姿にコンプレックスを持つ人をさらに見下すようになります。

その結果、よく知らない人と関係を築くのを避けて、昔の人間関係を維持する方向に働きやすくなるのです。

一人行動が好きなイケメンは、男前であることの優越感から、いわれのない批判をする人物を、無意識的に見下してしまうようになります。

イケメンが嫌いな人の深層心理とは!?容姿コンプレックスに潜む罠

まとめ

  • 承認欲求が満たされたイケメンは、顔を褒められてもそれほど嬉しくない。相手の顔面コンプレックスを刺激しないような返答を心がける必要があり、余計な気づかいをするのが面倒に感じている。
  • 外見のイメージに引き寄せられてきた人間が、内面をさらけ出した瞬間に、去っていくつらい経験をしている。他人の中にあるイメージを壊すことを避けるために、人との深い付き合いを避けるようになる。
  • イケメンであることのアドバンテージはかなり高いため、無意識的に優越感を持ちやすい。特に、的外れな批判をする容姿にコンプレックスを持つ人に対しては、腹の底で見下してしまう心理が働いてしまう。

イケメンだけが味わう苦しみとは|人生のさまざまなハードルが上がる

イケメンだけど引きこもりな人の意外な3つの心理とは?

イケメンは顔であまり得をしていない3つの理由とは【基本はマイナス評価】