イケメンだけど友達がいない人の特徴とは【一匹狼で群れない】

  • 2019年7月1日
  • 2021年2月27日
  • 恋愛
  • 4390View

イケメンだけど友達がいない人について知りたい人向けです。

遠くから分かるほどのイケメンでも、友達が多いタイプから少ない人までいます。

多くの人が寄ってきても、あまり相手にしないで一人で過ごすことを好むイケメンが意外と多いです。

彼らが単独行動を好む心理としては、同性の友達から嫉妬が混じった視線を浴びるのが面倒くさいことがあります。

また、自分に圧倒的な自信があるため、弱い者同士で群れて行動する人々を嫌っているイケメンもいます。

加えて、ガチの本物のイケメンだと、相手の顔面コンプレックスを刺激してしまい、友達が離れてしまう悲劇的なパターンも。

本記事では、イケメンの中でも友達が少なくてぼっちな男性に焦点を当て、心理と特徴について詳しく分析していきます。


イケメンだけど友達がいない人の心理と特徴とは【一匹狼で群れない】

嫉妬されるのが面倒くさい

イケメンを見た男性の態度は、大きく2つに分かれます。

尊敬や憧れの視線を持ち、仲良くなりたいと感じるグループと、女性からモテることに嫉妬して、むき出しの悪意ををぶつける集団に分かれます。

そのためイケメンの多くは、悪意を持つ人達との付き合いを避けて、尊敬や憧れなどの下から見上げる視線を持つグループと接触することが多いです。

とはいえ、下から見上げる人たちと付き合っていても、対等な関係が築けないため、しだいに孤独な心を抱えるようになります。

イケメンの中には、対等な目線を持って正面から向き合ってくれる人が見つからず、友達が少ない人生を歩むことになりやすいといえます。

群れて行動するのが苦手

イケメンの多くは、そもそも単独行動を好み傾向が強く、群れて行動するのが苦手な特徴があります。

なぜなら、人生においてさまざまな挑戦を行い、本物の自信を持っているため、人と群れることで得られるメリットがないためです。

群れないと行動できない人々は、自分に自信がなく、ひとりで何一つ決めることができない人たちです。

選択をひとつするのに、他人の顔色を伺い同意が得られるまで、自分の責任で行動ができません。

自己肯定感が高いイケメンは、自信がない人達と価値観が真逆であるため、単独行動を好むようになります。

彼らは、大勢の友達と関係を築くよりも、狭くて深い人間関係を構築するのに重点を置いているのです。

テストステロン値が高い男性は群れない

体の内側から湧き出てくる自信は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが影響しています。

この男性ホルモンが多い人は、攻撃性が高くて競争心が強い傾向があります。

イケメンは人生で勝ってきた経験が多く、本物の自信があるため、テストステロン値が高い人が多いです。

イケメンが単独行動を好むのは、生化学的に分析すると、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが大きく影響しています。

友人が顔面コンプレックスを持つほどの容姿

本物のイケメンは、誰もが潜在意識に持っている顔面コンプレックスを刺激していまいます。

特に劣等感を強く持っている人は、イケメンを見ることで自信がなくなり、不快な感情が芽生えてきます。

また、劣等感を全く持っていない人でも、イケメンと一緒に過ごす時間が長くなると周囲の視線が気になることに。

不釣り合いと思われていないか気になってしまい、最終的に友人としての距離を置くことにつながります。

本物のガチイケメンは、その場に存在するだけで他人の劣等感を刺激してしまうため、必然的に交友関係が狭まる宿命を抱えているのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、イケメンに友達がいないことについて、さまざまな角度から分析しました。

一部の男性からの嫉妬を避けたり、自信がない羊の群れのような集団から離れるため、交友関係を狭く深くする心理が働いています。

また、他人の顔面コンプレックスを刺激してしまうことから、交友を広めたいと思っていても、必然的に狭まる宿命を抱えていることも明らかになりました。

こんな記事も読まれています】

イケメンに一人が好きな人が多い4つの理由とは【自由に行動したい】

イケメンだけど陰キャラの人が持つ意外な3つの悩みとは

【受け身過ぎる】イケメンなのに奥手で消極的な人の意外な心理・特徴とは

イケメンの目立つが故の苦労とは【誰にも相談できない悩み】

イケメンだけが味わう苦しみとは|人生のさまざまなハードルが上がる