もったいない!残念なイケメンに「あるある」の3つの特徴とは

  • 2019年6月21日
  • 2020年9月12日
  • 恋愛
  • 1214View

この記事では、残念なイケメンに共通する特徴を解説しています。

イケメンのタイプはさまざまですが、外見的な美しさとは裏腹に、残念な雰囲気を持つ人がいます。

彼らに共通するのは、目立つゆえに人と対等な関係を築きにくく、孤独に過ごしていることです。

また、幼い頃から他人に見られ続けているため、視線に対するストレスを抱えやすく、人とまっすぐに目を合わせられないひともいます。

加えて、多くの人から好意を受けると同時に、一部の人から悪意ある感情をぶつけられることもあるため、人間関係のトラウマを抱えている人も。

本記事では、そんな残念なイケメンの特徴について、心理面を深掘りしていきます。

イケメンだけどモテない男性の特徴とは


もったいない!残念なイケメンに「あるある」の3つの特徴とは

孤独を愛し過ぎている

顔の造形が整っている人が受ける視線は、下から見上げる視線か、歪んだ感情が混じったものだったりするのがほとんどです。

なぜなら、誰もがイケメンを見ると特別な感情を持ち、対等な立場で接することができないためです。

イケメン側からすると、人と接するときに気疲れしやすく、なんでも話せる友人ができにくい悩みを抱えてしまいます。

彼らの中には、皆とワイワイするよりも孤独に過ごすことが快適になり、一人の時間を愛しすぎる人も。

あまりに人と接する機会が少なくなり、コミュニケーションが下手になることで、残念なイケメンに成り下がるように。

残念なイケメンは、対等な人間関係を築きにくいがゆえに、孤独を深く愛する特徴があります。

イケメンだけど孤独な人の特徴とは【ミステリアスな雰囲気】

目立つのが嫌で視線恐怖症気味

残念なイケメンに見られる特徴として、人と目を合わせるのが苦手であることがあります。

なぜなら、幼い頃からあらゆる場面で視線を浴び続けるため、逆に人の顔色をうかがい過ぎるようになってしまうためです。

他人からの視線が、全て好意的なものであるわけでありません。

中には、悪意やそねみ、ひがみが含んだものがあるため、視線をストレスに感じてしまうこともあります。

自意識過剰にならざるを得ない彼らは、人の視線を気にしすぎることで、自分の視線が他人に迷惑をかけてないか深く気にするようになるのです。

イケメンだけど視線恐怖症になってしまう人の心理とは

過去に人間関係の深いトラウマを抱えている

第三者の目から見ると、イケメンの人生は華やかで、バラ色のように見えがちです。

なぜなら、実際に多くのハンサムな人が、幸せな生活を過ごしており注目を集めやすいためです。

しかし、脚光を浴びるイケメンの影で、暗くて内向的に過ごす残念な男性も存在します。

彼らの人生は、外見的な特徴に惹かれて色んなタイプの人が寄ってくるため、自分の人生にマイナスな要素を持つ人とも接触しがちです。

負のオーラを放つ人をうまく交わしていけないと、下方向の同調圧力に引っ張られ、人生が下り坂に。

残念なイケメンは、もともとイケているタイプであったけれども、悪意ある人の接触をスルーすることができず、泥沼に引きずり込まれていった人が多いです。

イケメンだけど人見知りの人の心理とは【目立つが故の苦労】

残念なイケメンあるあるまとめ

いかがでしたでしょうか。

残念なイケメンが存在するのには、いくつかのパターンがあることがわかりました。

一つには、対等な立場で接してくれる人が少ないため、孤独を抱えやすく対人スキルが衰えてしまうことがあります。

さらに、色んなタイプの性格の人から、正負が混じった視線を浴び続ける中で、視線のストレスを抱えてしまい、人と目を合わせるのが苦手になるのです。

加えて、好意的な態度を取る人がたくさんいる一方で、一部の粘着質の人から悪意ある攻撃をスルーできな特徴があります。

彼らの人生は、多くの人が寄ってくるため人生経験が豊富になりがちですが、強烈な下方向の圧力を常に気にする必要があるといえるのです。

【こんな記事も読まれています】

イケメンだけど彼女ができない男の残念な特徴3つ。モテるための対策は?

イケメンにネガティブな人が多い3つの理由とは

イケメンは勝ち組になると限らない【同性から妬まれるリスク】

イケメンだけど内向的な人の4つの心理とは【揚げ足を取られやすい】

【受け身過ぎる】イケメンなのに奥手で消極的な人の意外な心理・特徴とは