美人あるある!|得しやすい一方で目立つが故の苦労も


本物の美人にあるあるな特徴を知りたい人向けです。

生まれつきの美人は、普通の人と全く異なる世界観で生きています。

道ですれ違う人から憧れのまなざしやすくなります。

常に視線を意識することで、自意識過剰になりすぎたり、小さな欠点が目立ちやすくなることも。

とはいえ、損するより得する場面が多く、特別な人生を歩む美人が多数派です。

そこで本記事では、生まれつきの美人にあるあるな特徴について、さまざまな角度からくわしく分析していきます。


美人あるある!|得しやすい一方で目立つが故の苦労も

目がキラキラしている

美人は、幼い頃から周囲の人に肯定され続けるため、世の中の良い側面を目にする時間が圧倒的に多いです。

性悪な人間も、美人の前では素直な反応を見せていくので、人間の底意地の悪さに触れる機会がありません。

その結果、必然的に世の中が輝いて見えるようになり、心も穏やかで曇りのない表情が増えていき、目もキラキラし始めます。

彼女らは、最初から目がキラキラしているのではありません。

美人ゆえに称賛される機会が多く、性格が真っ直ぐになるため、目に輝きが宿るようになるのです。

欲深くない

生まれつきの本物の美人は、人生で競争が生じそうな場面でも、ガツガツしていません。

なぜなら、女性として最も強い武器である『美形』を最初から持っているため、人生で勝負する場面がないためです。

仕事や勉強で勝てなくても、見た目の綺麗さで圧倒できれば、他の女性と同じ土俵に立つ必要がないことをよく知っているのです。

その結果、男性から見ても、美人かつ穏やかな性格を持っていると判断され、さらにモテまくるスパイラルに入っていきます。

対等に接してくれる人が少ない

本物の美人を見る目は、人によって全く異なります。

憧れによる思いっきり下から見上げた視線や、嫉妬による上から見下すような視線まで。

美人は、他人から憧れと嫉妬の相反する態度をとられることが多いのです。

初めは対等に接してくれる人でも、美人と向き合い続けることで、顔面コンプレックスが再燃してしまう人も。

生まれつきの美人は、好意と悪意の両極端な気持ちを受けるため、人と対等な関係を築きにくい特徴があります。

関連記事

[adcode] 美人の人生が大変である理由を知りたい人向けです。 一見すると華やかに見える美人の人生は、本人の立場に立つと常人では想像できない悩みを抱えて過ごすことになります。 生まれつき綺麗な人は、特別扱いをされ続ける[…]

苦労していないと思われがち

第三者から見ると、美人はほとんど苦労していないように思われがちです。

実際には、何か困っていても助けられることが多かったり、顔立ちの良さで無条件で愛されます。

とはいえ、光が強いほど影が濃くなるように、負の側面も大きくなります。

劣等感の強い同性に、勝手に対抗意識を燃やされ、知らぬ内に人間関係のトラブルに巻き込まれることに。

また、何か発言をしても、意味を間違って解釈されることで、信じられないような誤解を受けることにも。

本物の美人は、日常生活の行動の一つ一つに対して、細やかな気配りが必要となるといえます。

関連記事

[adcode] 美人が人間不信になりやすい理由について解説しています。 大勢の人の好意を集めて明るく振る舞う綺麗な人でも、内心で人間に対して根深い不信感を持っている人がいます。 彼女らは、人から好かれると同時に、悪意を持[…]

欠点が目立ちやすい

顔の造形が整っているほど、小さな欠点がより大きく目立ちます。

なぜなら、人の心理として優れたものを見ると、必ずアラを探すようになるためです。

欠点が多い人は、一つの欠点が見えにくくなります。

「木を隠すには森が良い」という言葉の通りに、欠点が目立たなくなるのです。

一方で本物の美人は、小さな欠点を隠す余白がないため、より大きなマイナスにつながりやすくなるといえます。

自意識過剰になり視線にストレス抱えやすくなる

美人は、外に出た瞬間から常に見られることを意識しています。

なぜなら、幼い頃からの人生経験で、外見が良い人間をジロジロ見る人が、この世に一定数存在するのを知っているためです。

目立つことに快感を感じる人であれば良いですが、内向的なタイプの人は、視線にストレスを抱えやすくなります。

意識し続けると見られていなくても視線を感じてしまい、自意識過剰な己に苦しむことに。

本物の美人は、人知れずに視線のストレスを感じ続けているといえます。

関連記事

[adcode] 美人な人が視線恐怖症になってしまう理由を知りたい人向けです。 視線恐怖症の人は、他人の視線を意識し過ぎてしまったり、人の顔がこちらを向いていると、身体に緊張感が走ります。 通常では、メンタルに問題を抱えた[…]

美人が得する場面

美人は、目立つが故の苦労を抱えますが、それ以上に恩恵を受けることができます。

簡単にいうと、頭が良くても悪くても幸福な人生を歩め、性格の悪さも一つの魅力になります。

例えば、頭がそれほど良くない美人は、ハイスペック男性の人形に徹することができれば、ある程度の幸福が約束されます。

知性が低い男性が、人生で困難な状況におちいりやすいのとは、真逆といえます。

また、性格が悪くても、魔性の女として一部から魅力的に扱われます。

心がねじ曲がっているほど、外見の特徴が際立ち、独特な妖しい魅力を放つことができるのです。

さらに、どのコミュニティに行っても、一定の狭くて深い需要があるため、得する人生を歩み続けることに。

顔の造形が整った美人は、人生の戦略を間違え過ぎなければ、内面が崩れていても勝ち組になることができます。

【こんな記事も読まれています】▽