美人に鈍感な人が意外と多い3つの理由とは【実は繊細なパターン】


美人に鈍感な人が多い理由を知りたい人向けです。

世の中には、大勢の中でもひときわ目立つ美人が存在しますが、人によって性格はさまざま。

皆とワイワイすることを好む人から、一人の時間を大切にして内向的に振る舞う人までいます。

特に気になるのは、周りの出来事に鈍感で、良くも悪くも美人らしくない人の存在です。

彼女らが鈍感である理由は、人から好かれることが日常で当たり前であるため、そもそも人の悪意に気づいていないケースが考えられます。

また、心のベースとなる部分には、繊細な心を持っているけれど、他人から攻撃されやすくなるのを防ぐため、無理して鈍感を装っている人もいます。

加えて、本物の美人である場合は、自己肯定感が高くて確かな自信を持っているため、他人の悪意を軽くスルーしていくことができる人も。

本記事では、美人だけど鈍感な人が存在する3つの理由について、それぞれくわしく解説していきます。

【2020最新】当たる!占いサイトのおすすめ人気ランキング5選


美人に鈍感な人が意外と多い3つの理由とは【実は繊細なパターン】

好かれることが多いので悪意に気づかない

美人は、幼い頃から色んな人から愛情を受けて育つため、何か困っているときでも必ず助けてくれる人が現れます。

そのため、人の悪意を知らないで今日まで生きてきた美人が多く、人間の闇の側面を深く知らない人がいます。

彼女らの人生は、映画のような美しいシーンが日常生活で繰り広げられることもあるため、本物の性悪な人間と接するタイミングがあまりないのです。

とはいえ、たとえ本物の美人でも、嫌がらせを受けた経験があると思う人もいるかもしれません。

しかし、美人が受ける嫌がらせは、非美人が受ける差別とは程度が全く程度が異なるものです。

美人に鈍感な人が多いのは、人生が悪意よりも善意に満ちあふれていて、リアルな残酷さを体感したことがないことが原因のひとつにあるのです。

【こんな記事も読まれています】▽

⇒美人が妬みを買う3つの理由とは|妬まれたときの対処法まで解説

実は繊細だけど鈍感なフリをしている

美人で弱々しいタイプの人は、同性のいじめの対象となりやすいです。

なぜなら、弱々しいタイプの美人は、一部の男性に異常なまでにモテるため、同性から嫉妬の対象となるためです。

そのため、繊細な心をもつ美人は、弱さをさらけ出すリスクを経験的によく理解していて、戦略的に強気な振る舞いをするようになります。

鈍感な美人は、かなり貴重な存在といえまして、ほとんどの人が内面に大きな不安と孤独を抱えて生きています。

彼女らの世界観では、弱みを人に見せると一瞬で付け込まれるため、無理やりにでも虚勢を張って生きていく必要に迫られているのです。

【こんな記事も読まれています】▽

⇒美人だけが抱える悩みとは|欠点が目立ちやすく対抗意識を持たれる

自信があるため他人の発言に左右されない

本物の美人は、幼い頃から色んな人に好意を受けるため、相手にも良き振る舞いをするのが習慣化しています。

人生にポジティブな循環が回っており、良い人が集まりやすく自己肯定感も高まりやすくなっています。

そのため、赤の他人のネガティブな発言や行動は、軽く受け流すことが可能です。

嫌がらせ受けたり、悪口を流されたりしても、そこまで深く深刻にならずに無関心を貫き通すことができます。

粘着質な人からしつように絡まれても、深い信頼関係を持つ人が側にいてくれるため、心を取り乱すことがありません。

鈍感な美人は、自分に自信があり他人との距離感を取ることが得意であるため、赤の他人の悪意にも鈍感に振る舞うことができるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

美人に鈍感な人が多いのは、そもそも人間の醜い悪意に接した経験がなかったり、反対にわざと鈍感なフリをしている人もいることがわかりました。

彼女らは、多くの人の注目を集めて色んな感情を人に植え付けていくので、ネガティブな批判を受けることもあります。

そのため、繊細な態度を見せてしまうと攻撃されやすくなるため、あえて虚勢を張って自信ありげに見せている人もいるのです。

加えて、本物の美人は己に圧倒的な自信があるため、個を貫いていける強さと、他人に対してドライになれる心を両方あわせ持っているといえます。

【こんな記事も読まれています】▽

色気がある美人に共通する4つの特徴とは

美人の中でも好かれやすい人の3つの特徴とは

美人を怖いと感じる人の心理とは|プライドが高く冷たいと感じてしまう

【実は根暗】美人に意外と暗い人が多い3つの理由とは