美人の人生がつらい理由とは|美人は人生で2度殺される


美人の人生が辛いものになりがちな理由を知りたい人向けです。

第三者から見ると、美人の人生は幸福に満ちており、鬱々とした気分を抱えることがあまりないように見えてきます。

とはいえ、彼女らの中には、美人であるが故の苦労をしていて、誰とも悩みを共有できず孤独を抱えている人がいます。

生まれつきの美人は、周囲の人間から人生で2度殺されます。

1度目は、美人であるが故に、別の点でも期待されるようになり、内面のハードルまで上がってしまうことです。

周囲の求めるイメージと違うことがバレてしまうと、手のひらをくるりと返され、人間不信になりやすくなります。

2回目は、歳を重ねるごとに『昔と比べて劣化した』と噂されることです。

美人でない人は、加齢とともに劣化しても、誰からも何も指摘されません。

とはいえ、美人のケースですと、過去のポジティブな印象が強すぎるため、小さなマイナスが大きなマイナスに見えやすくなります。

そこで本記事では、明るく社交的で人生を謳歌していそうな美人でも、普通では考えられないほどつらい経験している人が多い理由を解説していきます。


美人の人生はつらい5つの理由とは

美人を見る目線は、ポジティブなものとネガティブなものの両極端に別れていきます。

ある人々は、美人を見て顔面コンプレックスが刺激されてしまい、嫉妬心を感じます。

またもう一方の人たちは、美人に尊敬の眼差しを向けて、近づきたいと感じます。

嫉妬心と尊敬の相反する感情をぶつけられるため、自然体で接してくれる人が少なく、対等な人間関係を築きにくい特徴があります。

以下から、美人の人生がつらいものになりがちな理由をお伝えしていきます。

孤独になりやすい

生まれつきの美人は、孤独になりやすい特徴があります。

なぜなら、美人を見た人のほとんどは、思いっきり見上げる視線か、攻撃的な視線を送るかの両極端に分かれていくためです。

美人を見て、平常心でいられる人はほとんどいません。

また、普通の人より注目を集める分だけ、人間関係のトラブルにも巻き込まれやすくなります。

その結果、美人として生まれた人の中には、孤独になりやすい特徴を抱えるのです。

彼氏ができにくい

本物の美人は、彼氏ができにくいことがあります。

理由は2つあります。

1つ目は、美人がゆえに『すでに彼氏がいると思われやすい』ことです。

2つ目は、内面とのギャップが大きすぎて、男性がイメージするタイプでないパターンです。

見た目とは裏腹に、サバサバ系の美人は、彼氏ができにくい傾向にあります。

美人ゆえの悩みに共感できる人がいない

美人には、美人にしか分からない悩みがあります。

同性の友人に相談したところで、自慢話にしか受け取られません。

周囲に同じような悩みを抱える美人がいれば、つらさも抑えることができます。

ですが、そもそも美人は少ないため、相談する相手に恵まれず、孤独に悩みを抱えやすくなります。

周りの期待が大きくなり過ぎる

美人を見た人の多くは、外見にイメージに引きずられて、内面まで素晴らしいと思い込みます。

周囲の期待が大きくなりすぎると、イメージを保つのに気苦労してしまい、生きづらくなるのです。

勝手に期待されて、勝手に失望されるのが繰り返されることで、人間不信も深まることに。

失敗したら目立ってしまう

美人は、立ち居振る舞いもスマートであることが求められます。

なぜなら、美人を見た人の多くは、『美人に対する理想像』を持っているためです。

なので、小さな失敗が大きく見えてしまいがちです。

彼女らの人生は、何か優れたことをやっても加点になりにくく、減点されやすい特徴があります。

美人が人生で2度殺される

ほとんどの美人は、人生で周囲の人間から2度殺されます。

殺される瞬間は、他人の期待に沿うことができないときと、歳を重ねる途中です。

美人は内面まで優れていることを期待されるため、他人に期待に沿うものでないことが伝わったときに、氷のような視線を感じやすくなります。

また、年齢を重ねるごとに昔の容姿との比較される機会が増え、勝手に噂話の種になることも。

彼女らは、美形であるがゆえに多くの恩恵を受けることができます。

しかし同時に、他人の冷たい側面に触れる機会も多く、人間不信になってしまう人が意外と多い現実があるのです。

【美人が故の苦労を描いた漫画『主に泣いています』の紹介記事】▽▽

関連記事

こんにちは! 美人ラボ編集長のカンナです。 この記事では、美人がゆえの悩みを抱えるみなさんに、『美人あるある!』で共感できる作品を1つご紹介します。        作品のタイトルは、東村アキコ先生作の   『[…]

幸せな美人と不幸な美人との違いとは

幸せな人生をつかむ美人と、不幸な人生を歩んでしまう人には、明確な違いがあります。

重要な点を2つだけピックアップします。

先に結論を言うと、八方美人になりすぎてしまったり、歳を重ねるごとに大人の魅力を丁寧に追求していけるかがポイントとなります。

美人が他人の期待するものに応えようとして、八方美人になってしまうと、人生にストレスを抱えやすくなります。

なぜなら、人によって美人に抱く理想像は、それぞれ異なるため、他人に気を使いすぎてしまうためです。

どれだけ美形に生まれたとしても、他人の態度に振り回され過ぎてしまっては、本人の魅力が引き立ちません。

また、大人としての成熟した魅力を追求できないと、どれだけ顔立ちが整っていたとしても、残念な美人に見られてしまいます。

美人として輝き続けるためには、常に己を客観視し続けて、油断しないことが必須条件になるといえます。

【美人の「苦悩」・「幸せ」・「恋」を描いた泣ける映画を徹底厳選!】▽▽

関連記事

こんにちは! 美人ラボ編集長のカンナです。 この記事では、美人の『恋』と『苦悩』を描いた超面白い映画で厳選したのを伝えしていきます。 観てよかった!ってなる人がほとんどの映画なので、ぜひチェックしてみてくださいね~! […]

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、美人が人生で他人から2度殺される理由から、幸せな人と不幸せな人との違いまで解説していきました。

彼女らは、他人が求めるものを用意できないと、勝手に期待され勝手にがっかりされる理不尽を感じます。

また、年齢を重ねるごとに昔の容姿との比較されるようになり、注目を集めるが故の苦労を感じやすいです。

薄幸美人になる人の特徴には、八方美人になりすぎてしまったり、過去の自己イメージにとらわれすぎたりする特徴があることがわかりました。

【こんな記事も読まれています】▽▽

美人が妬みを買う3つの理由とは|妬まれたときの対処法まで解説

美人だけが抱える悩みとは|欠点が目立ちやすく対抗意識を持たれる

美人が苦労しやすい意外な4つの理由|得するよりも損しやすい宿命

美人が孤立しやすい3つの理由とは|人知れず孤独に抱える悩み

もったいない!残念な美人の特徴4つ。彼女らがモテない理由を徹底解説!!