美人だけど売れ残りになる人の3つの特徴とは|受け身過ぎるパターン


美人だけど売れ残っている女性の特徴を知りたい人向けです。

顔が綺麗なのに、なかなか彼氏ができなくて、結婚にまで至らない人がいます。

晩婚化していますが、昔から薄幸な美人は存在していました。

彼女らに共通する特徴は、受け身過ぎたりする姿勢だったり、そもそも恋愛に対する興味関心が強くないことがあります。

さらに、生まれた時からちやほやされ続けるため、未来について楽観視し過ぎていて、婚期を逃し続ける人もいます。

本記事では、美人だけど売れ残ってしまう女性の特徴を、深く追求していきます。

【こんな記事も読まれています】▽

⇒美人だけど振られる3つの理由|男に嫌われるモテない美人の意外な特徴


美人だけど売れ残りになる人の3つの特徴とは

受け身過ぎる

美人は黙っていても、男性からアプローチされます。

そのため、恋愛に積極的になれないタイプの美人は、自分から好意をアピールする方法が分かりません。

売れ残ってしまう人は、恋愛についての基本を学ぶ学生の時に、何も考えずに済むヌルゲーの人生を過ごしたツケが回ってきているといえます。

ぶりっこになれる人をうらやましく思いながらも、ここ一番のときに自分の魅力を十分に見せていくことができないのです。

受け身になっていても、男性が寄ってくるタイミングを逃した人は、かなり厳しい境遇にあるといえます。

【こんな記事も読まれています】▽

⇒美人だけど孤独|綺麗な人に「お一人様」が多い5つの理由とは

美人の人生はただで飴玉をもらえる

美人と一般人の人生の違いは、黙っていても飴玉をもらえるかどうかで例えられます。

綺麗な人は、黙っていても飴をもらえます。

しかし、そうでない人は、主体的に動かないと飴玉をもらえないため、努力する方法を磨いていきます。

真剣に努力をした女性は、あまり美人とはいえなくても、戦略的に良い男性と結婚していきます。

常に受け身で、男性側に反応を促すコミュニケーションをしてきた女性は、結婚という最初で最大の壁で、かなり苦戦を強いられることになります。

恋愛に対する興味がない

美人だけど、恋愛に対してあまり乗り気でなく、見ていてもったいない人がいます。

彼女らの心理としては、自分がアプローチすると好意を寄せられるのが当たり前なので、急ぐ必要性に差し迫られていないためです。

恋愛をしようと思えばいつでもできるため、仕事や趣味に生きるタイプの人が多いです。

とはいえ、恋から遠ざかると恋愛の仕方が分からなくなり、そのまま晩婚化につながってしまうケースもあります。

男性不信

恋愛に対する興味の低さには、男性に対する不信感が原因にあることがあります。

ストーカーされたり、興味がない男性からしつこく好意を寄せられることで、一定の距離感を置く心理が働きやすいといえます。

また、ほとんどの男性が外見だけのイメージで寄ってきて、内面を勘違いさることが一因にもなります。

【こんな記事も読まれています】▽

⇒【恋愛が苦手】美人だけど奥手な人の性格・心理とは【真面目すぎる】

将来について真剣に考えてこなかった

生き遅れる美人は、毎日が充実しすぎていて、将来について真剣に考えてこなかった人がいます。

なぜなら、現在の状況が良すぎるため、このまま将来も良い流れが続くと錯覚してしまうためです。

彼女らは、顔の造形の美しさが、時間の経過とともに目減りしていくことを深く理解していません。

薄々は感づいていますが、目の前のリアリティが強すぎるため、失うことを想像することが出来ないのです。

まだ大丈夫と自分を信じ込ませ続けて、気づいたら売れ残ってしまったパターンはかなり多いです。

まとめ

  • 美人の人生は、黙っていても男性が好意を寄せるため、受け身な姿勢になりやすい。

    若い時に美を売り抜けることができればよいですが、年齢を重ねるごとに、主体的に動けないことが足かせになっていく。

  • 生まれつきの美人は、ちやほやされ続けるため、若ときに充実した日々を過ごす。

    しかし、毎日が充実し過ぎていて、将来についても楽観視してしまい、気づいたら売れ残ってしまったことを嘆くパターンが意外と多い。

【こんな記事も読まれています】▽

⇒美人が男性不信になりやすい3つの理由とは

美人を連れて歩く男が考えること3選|さえないカップルを見て優越感

美人の人生がつらい理由とは|美人は人生で2度殺される

美人に一匹狼の人が多い3つの理由|サバサバしていて群れるのが苦手

美人が孤立しやすい3つの理由とは|人知れず孤独に抱える悩み