美人だけの悩みとは|本物の美人だけが抱える苦労【実は損しやすい】


本物の美人だけが人知れず抱える悩みを知りたい人向けです。

第三者から見ると幸せそうに見える美人でも、彼女らだけにしか分からない生きづらさを抱えていることがあります。

例えば、不特定多数が集まる場に存在するだけで、注目を集めすぎて他人の視線にストレスを感じることがあります。

また、好意的に接してくれる人がいる一方で、関わりたくない人との接点ができやすい悩みも。

さらに、綺麗であるがゆえに欠点が目立ちやすく、容姿の小さな欠点が、悪目立ちするデメリットもあります。

そこで本記事では、生まれつきの美人だけが人知れず抱える悩みから、彼女らが不幸にならない対照法まで解説していきます。


美人だけの悩みとは|本物の美人だけが抱える苦労【実は損しやすい】

視線を集めることがストレスに

本物の美人は、常に人から見られる日常を過ごしているため、他人の視線に敏感です。

注目を集めることに、喜びを感じる人であればよいですが、目立ちたがり屋でない美人にとっては、他人からの視線がストレスにしかなりません。

若い男女や子供から見られる分には、心理的な負担がありません。

しかし、気の強いタイプの同性や男性からの視線を避けたくなります。

道で他人とすれちがう度に、ジロジロ見られ続けることで、自意識過剰になりすぎてしまい、視線恐怖症になってしまう美人も。

とはいえ、ジロジロ見られるという悩みは、美人の間でしか共有できないため、人知れず孤独に悩みを抱える人が多いのです。

【こんな記事も読まれています】▽

美人が視線恐怖症に!?不特定多数の視線にストレスを抱えるのが原因

関わりたくない人からも好かれる

美人の最大の特権は、黙っているだけで好意を引き寄せていけることです。

積極的にならなくても、困っていれば誰か助けてくれますし、好きな人と両思いになる可能性も人一倍高いです。

とはいえ、関わりたくない人も引き寄せてしまい、うまく対応できないと人間関係にストレスを抱えることに。

嫌われないように距離をおくことに失敗して、相手が悪意を持つようになったり、身に覚えのない悪口を言われることも。

綺麗に生まれるのは大きなメリットですが、関わりたくない人間も引き寄せてしまうことで、生きづらさを抱えやすい宿命を抱えやすいといえます。

容姿の欠点が目立ちやすい

顔の造形が整っている美人は、小さなパーツの欠点が目立つようになります。

小さな欠点が逆に魅力的になり、その人にしかないチャーミングさの源になりますが、欠点をわざわざ指摘する悪意ある人間もいます。

直接会ったことがない美人芸能人の顔を見て、整形と言い放つ人がいるのと同じです。

一般人の美人は、整形疑惑を持たれたり、顔の一部分の特徴を悪意を持って取り上げられたりしてしまうこともあるのです。

生まれつきの美人は、顔面コンプレックスを抱える一般人から、一方的に小さな欠点を指摘される負の側面があるのです。

美人が不幸にならない方法

美人ゆえの悩みを抱えている人

生まれつきの美人でも、気が小さすぎる人は、他人の妬みや嫉みによって、自分の良さを十分活かすことができません。

彼女らは、その場の存在するだけで周囲の人の感情をかき乱していくため、人間関係のトラブルに巻き込まれやすいです。

美人が人間関係のトラブルから逃れるためには、以下の2つの点が重要になります。

  • 八方美人をやめる
  • 人脈を広げすぎない

どれだけ綺麗な人でも、全員から好かれるのは不可能であるため、八方美人をやめるべきです。

また、さえない男性を勘違いさせる原因にもなり、変な人が周りに増えるきっかけにもなります。

そのため美人は、本当に大切にしたい人だけと関わり、重要でない人との接点をできる限り減らすべきです。

人から好かれやすい美人といえども、余計な人間関係のトラブルを回避するために、人脈を広げ過ぎないことが大事です。

【こんな記事も読まれています】▽

美人あるある!|得しやすい一方で目立つが故の苦労も

美人が妬みを買う3つの理由とは|妬まれたときの対処法まで解説

美人だけど振られる3つの理由|男に嫌われるモテない美人の意外な特徴

「美人ですね」がお世辞の言葉かどうか見抜く確実な3つの方法

色気がある美人に共通する4つの特徴とは